あなたのプヨプヨな皮下脂肪。そろそろ本気で落としてみませんか?当サイトでは皮下脂肪の正しい落とし方をご紹介しています。

【プヨプヨ皮下脂肪】あなたを包む皮下脂肪をそぎ落とすためのサイト

エステ 実践

皮下脂肪解消の近道【キャビレーション】他の施術との違いも徹底解説

投稿日:2017年1月13日 更新日:

肥満の解消、または部分ヤセで求められるのは、カラダ的にダメージが少ないこと。即効性、できれば費用は安く。

全てを満たす施術は難しいのですが、キャビテーションというシェイプ方法は理にかなった施術だと感じます。その基本は脂肪細胞を減らすことで脂肪の体積(容積)をおとすという方法です。

方法もダメージが少ないようです。他のシェイプ方法と比較しながら優位点や注意点を探っていきます。

キャビレーションとは

本来、キャビテーションとは液体に高速の圧力を与えることで気泡が発生する物理的な現象、空洞現象を指しています。この現象を痩身法に転用したのがキャビテーションシェイプ、単にキャビテーションと呼ぶようになりした。

施術方法ですが、超音波を発生する機材を使い、脂肪やセルライト(肥大化した脂肪細胞)にキャビテーション(空洞現象)を発生させます。そうすることで肪細を包む膜が破壊され脂肪細胞を減らすことができます。脂肪吸引などと違い外科的な行為をせず、気になる部位の痩身が可能になります。

そのため『切らない脂肪吸引』と呼ばれています。傷あとの心配もありません。

細胞からにじみ出た脂肪は代謝エネルギーとして使われるほか、対外へ排出されていきます。

キャビレーションの効果とは

運動やマッサージによるダイエットでは脂肪燃焼を活発化させることで脂肪を落とします。それは脂肪細胞を小さくすることで『痩せる』につながるということ。そのため再び脂肪細胞が肥大化、つまりリバウンドする可能があります。しかしキャビレーションは違います。

脂肪細胞が減るため、リバウンドはあり得ないのです。
施術後、体外に排出しやすいリンパマッサージを施し、水分を多く摂るなどのケアをすることで確かな効果を得ることが出来ます。さらに以下のような効果があります。

セルライトを解消

脂肪と老廃物などが結合し、ぼこぼこした塊のようなセルライト。ヒップや太ももにつきやすく、見た目も良くないので女性にとっては悩みのタネという人も。有酸素運動や食事制限ではセルライト軽減に限界があります。

キャビテーションこそセルライト対策に効果を発揮してくれル救世主かも知れません。超音波が頑固なセルライトを水分と脂肪を乳化させ、排出しやすい状態にしてくれます。

むくみ解消

むくみが習慣化するとセルライトの形成につながります。
超音波を与えることでセルライト形成以前に血流を改善しむくみ予防になります。脂肪などに圧迫されていたリンパが流れやすくなるためです。老廃物や水分などが排出されることから、むくみが解消されるのです。

代謝アップにつながる

むくみ解消でも記述しましたが、超音波の影響で血流が良くなります。そのため代謝が高くなり、脂肪燃焼しやすい、痩せやすいカラダに変わっていきます。部分やせだけではなく、体質的に高いダイエット効果が期待できるのです。

キャビレーション受けてみての口コミ

評価が極端です。しかし効果を得ることができた人は体質や年齢に関係ないようです。

効果あり・よい

効果なし・良くない

キャビテーションは痛くないと言われていますが、その通りです。全く痛くありませんでした

お任せのまま痩せるようなことはできないのです。

施術後はマイナス2cmだったのですが、5日後にはマイナス4cmになっていました。

5回10万ほどで3回やってますが、効果があったのは最初だけでした。

週に2回を約3ヶ月続けた結果、54キロが46キロまで落ちました。

全く効果がなく、逆に6キロ太りました。脂肪が硬く、壊しにくい・・・そればかり言われて・・痩せた人いますか?

どんなにダイエットしても寸胴だったのがキャビテーション2回でくびれが出現!

一回の施行後、翌日腰痛で立てなくなった。

痛みは、一週間続き苦痛でしかなかった・・・・

お尻の下のセルライトは消えました。

エステで受けましたが、全然効果無かったです。病院でやると違うのかもしれないけど。

単に脂肪を減らすという事ではなく、脂肪細胞自体が減るという効果だと思われます。ただし、相当頑固な脂肪をお持ちの方は、なかなか難しいようです。

他の施術方法との違い

生活用品や家電品にもキャビレーションの原理を応用したものがあります。

食器洗浄機や高圧洗浄機です。いずれも超高速の水流を噴射することで、洗剤を使わなくても汚れを落とすことが出来ます。食器などの表面についた油分を落とすことと、体内にある脂肪を落とす行為は違いますが、どちらも対象に負担をかけないという点で共通しています。

高圧洗浄機をおなかに噴射しても皮下脂肪対策にはなりません。使用上の注意を守ってください。

さて、キャビレーションと同じような行為で部分ヤセにつなげる施術が他にもあります。違いを比べてみました。

ハイパーナイフ

少々怖い名前ですが、それほどキレのある、脂肪軽減にキレのある施術方法だという事でしょう。超音波を使って気になる部位の脂肪を刺激するという行為はキャビレーションと同じす。しかしキャビレーションは脂肪細胞を物理的に減らすことで痩身につなげますが、ハイパーナイフは脂肪細胞を小さくします。

超音波を使って患部を温め、特有の突起が集中的にマッサージをほどこします。マッサージによって代謝が刺激され脂肪が燃焼されるのです。体脂肪は約42℃が融点なので、それ以上の熱を加えることで脂肪は融けはじめます。

しかし深層部(表面から4㎝程度)に熱を加えるので、肌への影響はありません。融けだした脂肪にマッサージを加えることで燃焼・体外への排出につなげます。

エンダモロジー

方法は、専用の機材を使い強い力で吸引を行いながら、ローラーで脂肪を潰していきます。

コンピューターで制御しながら行いすが、強い力を肌に加えるのでアザなど残らないように専用のボディスーツを着用します。特にセルライトに効果的で、血流やリンパなどの流れを良くして代謝を上げ、セルライトを揉みほぐして脂肪のかたまりの燃焼を促します。

いわば強力なマッサージです。キャビテーションのように脂肪細胞を物理的に減らすのではなく、肥大化して硬くなった脂肪細胞を小さくするものです。しかし、そのおかげでコラーゲンが活性化し肌にはりを与え、冷えやむくみ解消につながるなど美容面での効果が得られるのも特徴です。

ラジオ波

ラジオの波長(電波)を使った瘦身技術です。
細胞にラジオ波を集中的に与えると振動が発生します。その振動を利用して気になる部位にある細胞同士の摩擦を起こします。すると摩擦熱が生まれ脂肪細胞が刺激を受けます。体内の温度が上がり代謝が活性化され、脂肪減少につながります。

ラジオ派は直進性があるので、深層部の脂肪にも作用します。マッサージだけでは刺激できないところまで届くので、カラダの底から脂肪燃焼につながります。芯から温まりリラックス効果も得られます。冷え性の改善にもつながり、痩せる体質になると好評です。

まとめ

脂肪という敵を懲らしめるには熱か振動で揺さぶることが有効だということが理解できました。ただし始めるのであれば実際にカウンセリングを受けて納得してから、施術を受けるようにしましょう。

サロンのほか医療機関でもキャビテーションを受けることができます。価格だけに惑わされず、また余計なオプションなどを勧めてくるようであれば十分検討してください。

キャビテーションの効果を得た人に共通するのは、持続性です。数回の施術を受け、その効果がゆっくりと表れてきます。その間でも食生活を改善し適宜運動も加えています。

サロンなどの協力や励ましはチカラになりますが最後は自分の努力にかかってきます。

-エステ, 実践

Copyright© 【プヨプヨ皮下脂肪】あなたを包む皮下脂肪をそぎ落とすためのサイト , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.